公共建築の紹介

HOME   公共建築の紹介   しまね海洋館アクアス【新シロイルカプール】

しまね海洋館アクアス【新シロイルカプール】

しまね海洋館アクアス【新シロイルカプール】

  • 1階観覧ホール
    1階観覧ホール
  • 2階メインプール
    2階メインプール
  • 1階飼育員室
    1階飼育員室
  • 階段室
    階段室
  • 2階機器分析室
    2階テラス
  • 展望デッキ
    展望デッキ

※写真をクリックすると大きく表示されます

発注 島根県総務部営繕課
設計監理 株式会社日建設計、島根県浜田県土整備事務所
施工  
建築工事

電気設備工事
機械設備工事



昇降機設備工事
宮田建設工業・本川建設特別共同企業体(保護繁殖施設)
伊原組・中山工務店特別共同企業体(ろ過器置場)
大成電気水道工業株式会社
シンセイ技研・山陰クボタ水道用材特別共同企業体(飼育設備その1)
山陰水道工業株式会社(飼育設備その2)
株式会社電設サービス(空気調和設備)
浜田ガス水道工事株式会社(給排水衛生設備)
東芝エレベーター株式会社 中国支社
概要  
建築場所
地域地区
用途
敷地面積
建築面積
延べ床面積
階数
構造
島根県浜田市久代町1117 番地2
都市計画区域都市公園内
水族館
178,463.96 ㎡
1,046.29 ㎡
1,785.18 ㎡
3階建て
鉄筋コンクリート造一部S造
工期 平成22 年2 月~平成23 年2 月
しまね海洋館アクアス【新シロイルカプール】

しまね海洋館アクアス【新シロイルカプール】

設計思想

平成20年12月にシロイルカ2頭の妊娠を確認し、その後、平成21年8月に出産したことを受け、施設の拡充が必要となった。シロイルカは国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで、VU絶滅危惧種Ⅱ類(絶滅の危惧が増大)となっていることから、「シロイルカ保護繁殖施設」の新規整備を行うこととなった。

建築位置・地上部

島根県西部の浜田市と江津市に跨り、日本海に面して美しい海岸や砂丘、丘陵地からなる都市公園「石見海浜公園」の中核施設として平成12年4月にオープンした。

地下1階

既設水族館から外部通路を経てエントランスを抜けると、高さ3.3mのアクリル越しに、メインプールでのシロイルカの生育環境が観察できる。施設としては、小さいながらも天井高に変化をつけることにより、広がりを演出している。

地下2階

2階に上がると、地場産「石州窯変平板瓦」を敷き詰めた観覧テラスからは、水面から顔を覗かせたシロイルカの餌を食べる風景や、体重測定などを大型引戸のガラス越しに観覧できる。プール内温度は年間を通じて12℃に保つが、外気温が室内温度と同程度となる冬期には、より身近にシロイルカを感じることのできるように引戸を開放できるようにしている。

地下2階

3階部分は機械室とし、屋上からは日本海を一望できる展望デッキ・テラスを設け、ガラス手すりを設置することにより、子供、車椅子利用者の方にも不自由なく雄大な日本海を見渡せる空間とした。

今月の公共施設 一覧はこちら