公共建築の紹介

HOME   公共建築の紹介   MAZDA Zoom-Zoomスタジアム広島

MAZDA Zoom-Zoomスタジアム広島(広島市民球場)

MAZDA Zoom-Zoomスタジアム広島(広島市民球場)

  • 空撮
    空撮
  • メインゲート
    メインゲート
  • 寝ソベリア
    寝ソベリア
  • アッパースタンドより
    アッパースタンドより
  • 3塁側
    3塁側
  • 砂かぶり席
    砂かぶり席
  • 内野コンコース
    内野コンコース
  • 夜景
    夜景

※写真をクリックすると大きく表示されます

発注 広島市
設計監理 広島市、(株)環境デザイン研究所
施工  
建築工事
電気設備工事
衛生設備工事
都市ガス設備工事
エレベーター設備工事
空気調和設備工事
電光式スコアーボード設備工事
中継設備工事
観客席設置工事
JR側防球ネット支柱設置工事
防護マット設置工事
植栽工事
五洋、増岡、鴻治JV(建設工事共同企業体)
中電工、日本電設、長沼JV(建設工事共同企業体)
東熱、旭調温JV(建設工事共同企業体)
広島ガス(株)
三精輸送機(株)広島営業所
高砂熱学工業(株)広島支店
パナソニックシステムソリューションズジャパン(株)中国社
西日本電信電話(株)
(株)共立
五洋建設(株)中国支店
五洋建設(株)中国支店
(株)寺尾園芸土木
概要  
建築場所
用途
敷地面積
建築面積
延床面積
規模
構造

杭基礎
最高高さ
グラウンド

照明塔
観客定員
広島市南区南蟹屋二丁目3番1号
野球場
50,472.42㎡
23,177.07㎡
40,023.47㎡
地下1階、地上7階建て
鉄筋コンクリート造、プレストレスト・コンクリート造、プレキャスト・プレストレスト・コンクリート造、鉄骨造
プレボーリング根固工法
30.65m
内外野天然芝(自動散水設備57基)
右翼100m、左翼101m、中堅122m、左右中間約116m
6基(最高高さ 55.9m)
33,000人
工期 平成19年11月~平成21年3月

パフォーマンスシート
パフォーマンスシート

特徴

1.グラウンドの開放感
グラウンドの開放感、通風、街との一体感を確保するため、北側のJR側へ大きく開く形態とし、球場の楽しさを新幹線などJR車窓からも感じ取ることができる。
2.幅の広い段差のないコンコース
1階観客席の最後部に、幅が広く段差のないコンコース(1周約600m、内野12m、外野8m)を配置し、グラウンドを眺めながら、球場を周回することができる。
3.多様な観戦スタイル
ダイナミックなプレーを堪能できるよう、砂かぶり席、パーティーフロアー、テラスシート、パフォーマンスシート、など多彩な観客席を設け、様々な観戦スタイルが可能。(合計33,000人)
4.大リーグ球場並みの観客席
観客席は、大リーグ球場並みの横幅50cm、奥行き85cmを確保し、ゆったりと野球観戦することができる。
5.ユニバーサルデザインに配慮
十分な車椅子スペースやオストメイト対応型多目的トイレの設置など、障害者や高齢者、小さな子ども連れの方など、誰もが利用しやすいようユニバーサルデザインに配慮した施設となっている。

※写真をクリックすると大きく表示されます

導入機能
1.野球機能
・天然芝のオープン球場(フィールド面積:12,710㎡)
2.イベント等機能
・グラウンドや幅の広いコンコースなどでの様々なイベントの開催
・新たな観光資源となる施設
3.防災機能
・グラウンド下に雨水貯留池(貯留量:15,000立方メートル、直径:100m、高さ:5.35m)の設置
・備蓄倉庫、耐震性防火水槽の設置

MAZDA Zoom-Zoomスタジアム広島(広島市民球場)ホームページ
http://www.mazdastadium.jp/

※当ページに掲載されている画像等の無断複製、転載を禁じます。

今月の公共施設 一覧はこちら