公共建築の紹介

HOME   公共建築の紹介   廿日市地方合同庁舎

廿日市地方合同庁舎

廿日市地方合同庁舎

  • 車いす用駐車場
    車いす用駐車場
  • アプローチ
    アプローチ
  • 1階 総合案内板
    1階 総合案内板
  • 1階 エントランスホール
    1階 エントランスホール
  • 1階 ピクトサイン
    1階 ピクトサイン
  • 4階 ホール
    4階 ホール

※写真をクリックすると大きく表示されます

建物概要
名称
場所
敷地面積
構造・規模
廿日市地方合同庁舎
廿日市市新宮一丁目15-40
2,840.00㎡
鉄筋コンクリート造 4階建
延べ面積 4,223.17㎡
設計・監理・施工・工期
企画・設計監修
基本・実施設計
工事監理

施工者



工期
国土交通省中国地方整備局営繕部
(株)安井建築設計事務所
国土交通省中国地方整備局営繕部
(株)車田建築設計事務所
建築工事:松井建段(株)
電気設備工事:(株)九電工
機械設備工事:(株)三晃空調
エレベーター工事:東芝エレベータ(株)
平成19年3月~平成20年9月

廿日市市シビックコア地区※1のユニバーサルテザイン※2

外観南東面
外観南東面
廿日市市シビックコア地区の地域性は、ふれあい通りをシンボル軸とした空間づくりにあることから、地域の交流の場となる沿道空地やテラスの整備、ふれあい通りに面したゾーンに移動空間を配置するなど、ふれあい通りを中心とした施設計画を行っています。

※1:シビックコア地区
※2:ユニバーサルデザイン

公共施設間の相互利用

外観東南面
外観東南面
ふれあい通りに連続する沿道空地の整備や隣鍍する廿日市市駐車場との相互利用など、地域との連携を考慮しつつ、建築物のセットバック、オーブンスペースの集約化、緑地の確保等により、隣接する新宮中央公園と連続するゆとりある外部空間を作り出すよう配慮しました。

場所、空間、機能の情報伝達

1階 多機能便所
1階 多機能便所
玄関から、EV・階段がわかりやすく、移動空間をコンパクトにまとめることで移動の容易さ、安全性等に十分配慮した計画とし、高齢者、障害者を含むすべての来庁者が、できる限り同じ経路により窓口まで移動できる動線としました。
また、設計段階から施工段階にわたってユ二バーサルデザインワークショップを開催し、多機能便所の設置、手で触れることのできるサイン、災害情報を表示するディスプレイの設置など、利用者の意見を反映したきめ細かな施設整備を行っています。

省エネルギー対策

屋上 太陽光発電設備
屋上 太陽光発電設備
太陽光発電設備、照明制御システム及び大温度差空調方式等の設備を導入し、環境負荷低減効果の高いグリーン庁舎整備を行っています。

今月の公共施設 一覧はこちら