公共建築の紹介

HOME   公共建築の紹介   山口県周南総合庁舎

山口県周南総合庁舎

庁舎南面

  • エントランスホール
    エントランスホール
  • 情報コーナー
    情報コーナー
  • さくらホール(解放施設)
    さくらホール(解放施設)
  • ふれあいルーム(解放施設)
    ふれあいルーム(解放施設)

※写真をクリックすると大きく表示されます

発注 山口県建築指導課
設計監理 類設計・巽設計コンサルタントJV
施工  
建築工事
電気設備工事
機械設備工事
発電機設備工事
昇降機設備工事
鴻池組・洋林建設・日光組JV
住友電設・山一電設・サンデンJV
日立プラント建設・誠和工機・新ホームJV
神鋼電機(株)
三菱電機(株)
概要  
建築場所
用途
敷地面積
建築面積
延床面積
構造
階数
最高高さ
エレベーター
ソーラーシステム
発電機
山口県周南市毛利町2丁目
庁舎
16,290.26㎡
4,617.70㎡
12,545.24㎡
鉄骨鉄筋コンクリート造・一部鉄骨造
地下1階 地上7階 塔屋1階
36.4m
13人乗り 3台
60kw 1台 7kw 1台
300kvA 2台
工期 平成14年10月~平成16年10月

施設の位置づけ

本施設は周南市街地のほぼ中央に位置し、昭和37年に徳山総合庁舎として建設された老朽・狭隘化し、地域の行政拠点としての機能が低下した庁舎を改築したものである。

改築に当たり、周南地域における県行政の拠点施設として整備するとともに、周南地域のまちづくりへの調和を図ることを目的として、庁舎機能に加え、県民の交流を促進する場を設け、親しみがあり、人々が集い利用しやすい施設となるよう配慮している。

設計の基本理念

施設整備に当たっては、周南地域における県行政の拠点施設としての機能を十分に発揮できるよう、次のことに留意して設計されている。

  1. 地域のまちづくりや、景観と調和し、親しみの持てる庁舎
  2. 高度な機能を持ち、効率的な行政サービスが提供できる庁舎
  3. 維持管理がやさしく、柔軟性のある庁舎
  4. 環境にやさしい庁舎
  5. 災害に強い庁舎

地域防災計画の拠点施設として

  1. 耐震性の確保(地震には外周架構で抵抗させフィレンディール工法と融合)
  2. 地域防災拠点としての防災無線鉄塔をはじめ諸施設を配備し機能を確保

施設の防災計画及びハートビル法適合

  1. 設備諸室を地階とせず地上階に配備することで防災上の管理をしやすくしている
  2. 開かれた庁舎の実現として身障者対応そして市民に積極的にアピールできることに主眼を置きハートビル誘導基準を満たしている

フロアー構成

  1. 各事務所はフロアー毎に設置することで、来庁者に分かり易くしている
  2. 事務所スタイルは中廊下式とし、見通しの良い事務所としている
  3. 解放施設等の利用者の時間外利用を考慮し、管理区分を明確にしている
  4. 東側に乗用エレベーターを2台、西側に乗用貨物兼用エレベーターを1台設置し、利用上ゆとりをもたせている

今月の公共施設 一覧はこちら