公共建築の紹介

HOME   公共建築の紹介   砂の美術館

砂の美術館

展示施設外観

  • 展示状況
    展示状況
  • 展示室
    展示室
  • 展示室-2階より
    展示室-2階より
  • エントランス
    エントランス
  • 2階ギャラリー
    2階ギャラリー
  • 2階閲覧室
    2階閲覧室

※写真をクリックすると大きく表示されます

名称 砂の美術館
発注者 鳥取市
所在地 鳥取市福部町湯山2083-17
用途 砂像展示専門の美術館
構造・規模 鉄筋コンクリート造3階 延べ面積 約3,000㎡
工期 平成23年3月~24年3月
工事費 5億7750万円
設計者 株式会社大建設計
施工者 大建・田中工業・吉備特定建設工事共同企業体
代表者 田中工業株式会社 代表取締役 聲高昌可
建物のコンセプト

・世界に誇る鳥取市の文化・観光の拠点施設となる鳥取砂丘を背景とした「世界で唯一の砂の美術館」
・山陰海岸ジオパークのジオツーリズムの主要施設
・長期的に安定した管理運営が可能な屋内の砂像展示施設

展示内容

砂の美術館では平成25年度は、第6期展示「砂で世界旅行・東南アジア編」をテーマに王朝の栄華や躍進する現代の様子を全19作品の砂像で再現しています。

今月の公共施設 一覧はこちら