公共建築の紹介

HOME   公共建築の紹介   岡山県消防防災航空センター

岡山県消防防災航空センター

  • 外観(南西側)
    外観(南西側)
  • 外観(北西側)
    外観(北西側)
  • ヘリコプター格納庫
    ヘリコプター格納庫
  • 2階会議室
    2階会議室
  • きび(格納状況)
    きび(格納状況)

※写真をクリックすると大きく表示されます

発注者 岡山県
基本設計 国際航業(株)
基本設計 (株)JFE設計
工事監理 岡山県土木部都市局建築営繕課、(株)剱持建築設計事務所
施工
建築工事 中村建設(株)・(株)佐藤組建設工事共同企業体
電気設備工事 (株)電工社
機械設備工事 中村建設(株)
施設概要
建築場所 岡山市北区日応寺地内
敷地面積 8,846.21㎡
延べ床面積 1,353.68㎡
階数 地上2階
構造 鉄骨造
工期 平成27年3月~平成28年3月
目的  岡山県消防防災ヘリコプター(愛称「きび」)は、県南の岡南飛行場を暫定的な基地とし、各種災害等の対応に当たってきた。このたび、県内全域へより迅速に出動できるよう、県の中央に位置する岡山空港へ基地を整備した。
 新たな施設には、大規模災害発生時に他県等の応援部隊との活動調整にも利用できる会議室を整備するとともに、格納庫内にはヘリコプターでの活動を想定した訓練ができる設備を設けている。

今月の公共施設 一覧はこちら