公共建築の紹介

HOME   公共建築の紹介   岡山市立市民病院

岡山市立市民病院

  • 外観
    外観
  • 外観
    外観
  • 2階テラス
    2階テラス
  • 総合待合
    総合待合
  • 病室(VIP)
    病室(VIP)
  • ホスピタルモール
    ホスピタルモール
  • ポケットパーク
    ポケットパーク
  • 光庭
    光庭
  • 外観・東面ディテール
    外観・東面ディテール
  • 東エントランスホール吹抜
    東エントランスホール吹抜

※写真をクリックすると大きく表示されます

発注 岡山市
設計・工事監理 久米設計・宮﨑建築設計事務所JV
施工
建築工事 戸田建設・広成建設・蜂谷工業JV
空調設備工事 高砂熱学・三栄工業・太田設備JV
衛星設備工事 斎久工業・山陽技研・五洋工業JV
電気設備工事 中電工・平松電気・電気工営JV
概要
所在地 岡山市北区北長瀬表町三丁目20番101、北長瀬88番22
用途 病院
敷地面積 18,584.52㎡
階数 地上8階 PH1階
構造 SRC造・一部S造(免震構造)
建築面積 7,025.74㎡
延べ面積 34,378.67㎡
工期 平成25年2月 ~ 平成27年3月
設計コンセプト
 健康・医療・福祉をテーマとした岡山操車場跡地開発の中核施設として移転新築された本病院は、JR駅前という好立地を生かし、駅からダイレクトにアクセスでき、高齢者や交通弱者に利用しやすい施設づくりをコンセプトに様々な工夫を施しました。
 市内各方面からアクセスしやすいよう、エントランスは東西2面に設けるほか、院内の街路的主軸動線(ホスピタルモール)を介して、雨に濡れることなくJR駅へ接続できます。
 また、駅前広場に面したポケットパークや2階テラスなどは、市民に開かれたつくりとしています。
 将来、岡山操車場跡地の開発によってつくられる諸施設と共に発展し、安全と安心のシンボルとなることを願っています。

今月の公共施設 一覧はこちら