公共建築の紹介

鳥取砂丘コナン空港

  • 外観(昼)

    外観(昼)

  • 外観(夜)
    外観(夜)
  • 1階:エントランスロビー/2階:パサージュ
    1階:エントランスロビー
    /2階:パサージュ
  • 2階:コンコース
    2階:コンコース
  • 1階:到着ロビー/エントランスロビー
    1階:到着ロビー
    /エントランスロビー

※写真をクリックすると大きく表示されます

建物名 鳥取砂丘コナン空港
所在地 鳥取市湖山町西4-110-5
用途 空港ターミナルビル
発注者 鳥取県
基本・実施設計 株式会社 梓設計
工事監理 株式会社 梓設計 / 鳥取県
敷地面積 28,427.56㎡
施設概要
<増築部分>
〇増築棟/鉄骨造2階建
建築面積 950.33㎡
延床面積 1,323.81㎡
<既存部分>
〇国内線旅客ターミナルビル/鉄筋コンクリート造一部鉄骨造3階建
建築面積 2,453.71㎡
延床面積 3,065.40㎡
国際会館/鉄骨造3階建
建築面積 2,446.63㎡
延床面積 4,265.23㎡
工期 平成29年6月~平成30年3月
施工者
建築 鳥取砂丘コナン空港ターミナルビル一体化工事(建築)
大成建設・大和建設特定建設工事共同企業体
電気 (株)とりでん
機械 大和設備(株)
昇降機設備 フジテック(株)西日本支社 広島支店
建物紹介
 鳥取砂丘コナン空港では、空港を核とした「人・もの・情報」の交流創出を図ることで「空の駅」化を進めている。
 空港愛称化等の効果により利用者が増加し、手狭になっていた国内線旅客ターミナルビルと、従来は渡り廊下のみで接続されており、利用客の少なかった国際会館の間に増築棟を整備し、一体化することでターミナル機能の強化や飲食・物販等の拡充を図り、空港機能、集客性及び利便性の向上を目指した。
1)空港機能の向上
・国際チャーター便の誘致や定期便化を見据え、出発ロビー及び到着ロビーの充実を図る。
2)集客性の向上
・今回増築部に、物販・飲食機能を設け、明るく開放的な空間とすることで利用客の増加を図り、賑わいを創出する。
3)利便性の向上
・今回増築部に新たな旅客動線を設け、付帯施設の利用率向上を図ると共に、国際会館への誘引性を強化し、国内線旅客ターミナルビルとの一体利用を図る。
4)ツインポート化
『鳥取砂丘コナン空港』と『鳥取港』が連携し、両港エリア一帯を県東中部・但馬地方の観光・交流・情報の玄関口となることを目指し、ツインポートとして消費拡大と地域経済循環の加速化を図る。

平面図
現状平面図(増築棟を整備することにより国内線ターミナルと国際会館を一体的に利用)

今月の公共施設 一覧はこちら