公共建築の紹介

岡山県立倉敷まきび支援学校(災害復旧)

  • 完成(管理・特別教室棟)

    完成(管理・特別教室棟)

  • 完成(普通教室)

    完成(普通教室)

  • メッセージ看板

    メッセージ看板

  • 被害状況(室内)

    被害状況(室内)

  • 被害状況(廊下)

    被害状況(廊下)

※写真をクリックすると大きく表示されます

名称 岡山県立倉敷まきび支援学校(災害復旧)
発注者 岡山県
実施設計 A,C工区:(株)丸川建築設計事務所
B工区:協同組合アゴラ
工事監理 岡山県土木部都市局建築営繕課
A,C工区:(株)丸川建築設計事務所
B工区:(株)阿波設計事務所岡山支店
施工
A工区(管理・特別教室棟,普通教室C棟、外構)
建築工事 中村建設(株)・(株)小倉組建設工事共同企業体
電気設備工事 (株)戸川電工
機械設備工事 備前特機工業(株)
B工区(普通教室B棟、水治訓練棟、食堂棟、屋外プール棟)
建築工事 (株)荒木組・蜂谷工業(株)建設工事共同企業体
電気設備工事 平松電気工事(株)
機械設備工事1 山陽技研(株)
機械設備工事2 信江工業(株)
C工区(体育館棟、宿泊訓練棟、就労支援棟)
建築工事 (株)重藤組・(株)中本屋工務店建設工事共同企業体
電気設備工事 (株)戸川電工
機械設備工事 中村建設(株)
受電設備工事 池田電業(株)
施設概要
建築場所 倉敷市真備町箭田地内
建築面積 9,358.84㎡
延床面積 12,960.45㎡
構造規模 鉄筋コンクリート造一部鉄骨造2階建、鉄筋コンクリート造一部木造平屋建、木造平屋建、木造2階建
工期 平成31年1月~令和元年8月
復旧工事概要
平成30年7月豪雨で浸水被害を受けた支援学校の復旧工事である。
敷地が小田川と高馬川の合流地点の決壊箇所に近く、建物の浸水高さは、約3.8mに達し、1階部分が多大な被害を受けた。
建物の構造部には損傷がなかったため、浸水した内装材、下地材などの仕上材、断熱材などを撤去し、既存部分を高圧水で洗浄後、乾燥させたのちに、消毒・消臭作業を行い、復旧を進めた。

今月の公共施設 一覧はこちら