公共建築賞

HOME   公共建築賞

第16回公共建築賞公募について

第16回公共建築賞の対象となる建築物は、平成22年4月~平成26年3月の間に竣工したもので、本賞は、竣工後3年以上を経過した建物を対象とすることが特徴です。
設計施工の優秀性のみならず、実際に運用・活用される中で、地域社会への貢献や文化性、施設の使い方、省エネルギー、耐久性・耐用性、メンテナンスのしやすさなどについても評価の対象とし、長く価値ある公共建築であることを評価するものです。

第15回公共建築賞 優秀賞のご紹介

公共建築賞は、優れた公共建築を表彰することにより、公共建築の総合的な水準の向上に寄与することを目的とするもので、公共建築協会が昭和63年に創設し、1年おきに実施しているものです。

第15回の対象となる建築物は、国の機関、地方公共団体又は政府関係機関若しくはこれに準ずる機関が施行した建築物及びその公共性の高い建築物で、平成20年4月から平成24年3月の間に竣工したものです。

この度、第15回公共建築賞優秀賞が公共建築賞審査委員会において決定し、4月12日に下記の3点に優秀賞が授与されました。


広島市西風館(生活施設部門)

名称
広島市西風館
住所
広島県広島市安佐南区伴西2-7-1
用途
火葬場
構造
鉄筋コンクリート造一部鉄骨造
階数
2階建て
延床面積
7297.18㎡
事業主
広島市
設計者
(株)日総建
施工者
(株)安藤・間

ギャラリー

※画像をクリックすると大きく表示されます

概要

火葬場、葬儀場という禁忌されるイメージを従来どうしても持ってしまう施設の全く新しい存在様式がここにしめされている。強いて言えば美術館の空間的な魅力をもった集会施設のような火葬場である。まず施設全体が庭園のような外構にかこまれていることで周囲の自然と同化した環境装置となっている。入り口の長いガラスのキャノピーはきわめてこのような施設の使用上の問題である、いつどれだけの葬儀がおこなわれるか不確定な事象にみごとに対応する。優れて空間をさわやかにまた清潔にまた好ましい静けさにしているのは中庭に設けられた池でありこれを周回する動線によって、複数の葬儀と火葬を無理なく同時並行におこなうことを可能としている。家族葬にも対応する個室としての火葬室前室はあらゆる宗教的な引用がないにもかかわらず優れて精神的な空間として人間の最後の別れに対応している。このような種類の公共建築のこれからの目標となるであろう。


鳥取県庁舎(行政施設部門)

名称
鳥取県庁舎
住所
鳥取県鳥取市東町一丁目220番地
用途
庁舎・講堂・議場
構造
鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄骨造
階数
7階建て(地下1階)他
延床面積
26,373㎡
事業主
鳥取県
設計者
大成建設・桂設計事務所JV
施工者
大成建設・大和建設JV

ギャラリー

※画像をクリックすると大きく表示されます

概要

1960年代に建てられた日本の戦後の標準的なモダニズム建築としての庁舎の耐震改修による保存活用である。近年この時代の誠実で実直な日本の近代建築として独自な魅力を持つ公共建築をただ耐震性能が現今の基準に達していないという理由だけで新築として建て替えることと比べると、耐震補強に関してレトロフィット免震工法と鉄骨ブレースによる耐震補強工法が中高層棟と低層等にたいして合理的に行なわれることで公共建築として必要な耐震強度を新築の場合と比較して半分以下の工費で経済的に獲得することに成功している。また地下免震は外からは見えない現代の建築技術であるが、外壁の改修も丁寧なパネル工法によってさりげなく仕上げられている。一方低層棟の耐震補強は鉄骨の部材をなまこ壁のような構成パターンとすることで日本の伝統的な意匠を近代的に表現している。これからの経済的な公共建築の持続的な保存改修のすぐれた実践である。


松江歴史館(文化施設部門)

名称
松江歴史館
住所
島根県松江市殿町279番地
用途
博物館
構造
鉄筋コンクリート造一部鉄骨造、木造
階数
2階建て
事業主
松江市
設計者
(有)環境計画建築研究所
施工者
松江土建・幸陽・一畑工業JV

ギャラリー

※画像をクリックすると大きく表示されます

概要

松江城の掘割に面した城下町の伝統が色濃く残る敷地に建てられた展示、集会、複合施設である。木造と瓦ぶきの伝統的な日本建築に見える外観は歴史的な意匠の考証的な探求によって鉄筋コンクリートであるにもかかわらず伝統的な街並みの雰囲気を再生している。特に屋根構成の巧みな構成とそのデザインによって、伝統的な街並みのなかでは大きな建物を違和感なく成立させることで新築にもかかわらず、昔からこの建物がこの場所に建っていたかのように思えるほど街のなかに調和した存在となっている。これは鉄筋コンクリート構造の周囲を巧みな木造の軸組構造としていることによって伝統的な日本建築としてのスケール感と意匠を成立させている。観光資源としてこれからも多くの人々を集める施設として機能するであろうが、観光施設であること以上に伝統的な日本の街並みを再構築する建築としてすぐれた解法としての伝統建築の再現が示されている。